綿風コウの住処

綿風コウ (コウラン) の個人ブログです!

(( 6 0v0)∂<ぽひゅうん

大事な足りないものを見つけたくて

月一の更新が固定化してきました。
今回は9月11日遭ったことと、その事による反省(?)と気持ちをつづります。
(ちょっと長すぎて、書くのに時間かかり過ぎた)
なお、今回の記事はカミングアウト(ここ重要)も含みます。



●起こった事について
まず、僕はものすごく常識力(世間)と注意力が無い人間です。
理由は後から書きます。




9月11日は午前中アルバイトがありました。
場所は特定されるので書きませんが、屋外でする仕事でした。
もちろんさっさと終わらせて、帰って勉強しようと思っていたんです…

で、作業が終盤に入る前の休憩が財布を最後に使った瞬間でした。
お茶を買ってから、財布は暫くポケットに入れて作業していましたが、
あと五分程度で終わる所に財布をカバンに入れて、さっさと終わらせて帰路についたんです。
駅まで向かう為に結構歩いた所、なんとなくカバンの中を見てみたら…



財布が無かったんです。
レシートやポケットティッシュがある中で財布だけが無かったんです。



すぐに通った道を慎重に探しました。
やっぱり見つかりませんでした。


その後、遺失(盗難)届けを現場の案内所と警察に出しました。
重要なカード類の手続きも済ませました。
帰る手段は親が迎えに来てくれました。



…で、今家で更新してます。





最初に書きましたが、僕は常識を知らなさすぎる奴です。
つまり、悪い意味で世間知らずという事です。
多分一般常識の問題やってみても、3割以下しかとれないかもしれません…
冠婚葬祭を催す本当の理由なんて知るか…!


今回の件は貴重品の扱いが駄目だった事は言うまでもない。。
そう、カバンの中に入れて放置してた事が最大の原因でした。



でも、普通の人ならば野外に無防備な貴重品を置くこと自体危険と感じる事でしょうね。
ただ、最初に書きました通り、注意力もホントに散漫なのです。
いつも自己中心的だとかワガママたおか言われますし、事実自分の事だけで精一杯です…




●カミングアウト
ここまで避けて来ましたが、これこそ避けられないだろうという事でカミングアウトします。
ハイクでは既に言ってた事ですが、両耳難聴なのです。
範囲としては軽度〜中度なのですが、レベルとしては障害者手帳を持てる位です。
(因みに障害者手帳は持ってません)
言葉の習得こそ遅かったが、赤ん坊の頃の聴力検査は異常無かったらしいですので、恐らく後天的…、
つまり、0〜2歳頃に何かしらの異常が起こったと推測できます。


言葉の習得が遅れていたので、小学中学年の時まで言語聴覚士による『ことばの訓練』をしておりました。
親からは正直このままでは養護学校に行くんだろうなと、入学時は思ってたそうなんです。
それで、小学2年の時に着け始めた『補聴器』と、『ことばの訓練』によって一般の学校でも話せるレベルになったのです。
(今でも耳で聞いて口で話すのは苦手)


それで皆と同じように公立中学へと進学して、部活(野球部)も頑張っていたのです。
(今こそ面影はないですがw)
周りからは『よく耳が聞こえにくいのに、普通に学校生活送れるのか』と思っていたそうなんです。
もちろん発音が関わってくる英語は苦手で、リスニングなんて以ての外でした…
だけど、音楽の授業とかは普通に参加してたし(リズム製作の授業で賞を取ってた)、
合唱コンクールだって3年時はうちのクラスが優勝してました。



その後に高校受験が待っているわけですが、ここが大きな分岐点だったらしいです。
自分は迷わず高校受験を選びました。
…今は浪人生なんだから言わなくても分かるよね?
高校三年間は比較的平和…でした。


描いて伝えるコミュニケーション『うごメモ』があったから、その世界で楽しめたし、
耳がただでさえ酷いのに、ドット絵再現メモという目までも悪くする無謀な事もやってました。笑
(一応視力は1.5のままで、悪くなってない)
正直筆談の方が楽ってのもあるし、うごメモのチャットは自分にとって嬉しい空間だった。



高校から先は最近の記事でも分かると思います。
今までブログでも他所でも、『リスニングはできない』と書いてたと思います。
…理由はご察しの通りです。



さっきも書きましたが、僕は他人と話すのが苦手なんですね。
コミュ障に通じる物もあるとか、補聴器付ければ話せるんだから関係ないだとか言う人もいるでしょうが、
自分が言いたいことは、コミュ障とは違って気を使う量が常人よりも多い事です。


自分の場合、先天性〜初期の辺りなので、音の聞き落としや十分な音量にも関わらず聞き取れないのです…
ラジオだと内容の3割以下しか把握できない位かも。
周りは『気をつければ全部聞き取れる』『集中力が足りなさすぎる』とか言われたし、ホントに皆の集中力のさじ加減分からない。。
自分を基準にするとどんだけ全神経使って必死に聞いてるのかと突っ込みたくなる。




ネット内ではこの声はあの声優とか、テレビ実況での『この曲は○○だ』とかよく見かけますよね。
こういうのって羨ましい。
マジで曲自体聞き取れないからね…
後、漫才のような早口口調もさっぱり話が入ってこない…、皆笑ってるのに
自分だけはきょとんとしてるのも多分日常茶飯事ですね。




そんな感じに普通の人とは明らかな壁を感じながら過ごしています。
勿論他の障害者の人もベクトルこそ違うが、例えば僕のような耳の例だと聞こえないだけじゃなく、それによって得られる情報や技量も同時に消えていってるんですよね
障害自体は気にしなくても経験の差が感じられるから、(常識力は無いくせに)不便な気持ちとかよく分かります。




…長くなりすぎたので、ここで止めます。
ただ、こんなんでもうごメモで曲アレンジメモとか(まだ一度きりだけど)歌メモとか出してますし、曲に合わせてうごうごするのもできます。
(勿論イヤホン必須+大音量にしてる)
ポケモンのゲーム音楽だって脳内再生余裕ですし、1人で過ごす分だけには問題ない訳です。


つまりネットでの活動に至っては何も問題ないので、今回の記事を読んでもいつも通りに接して下さい。
(…長くなりすぎて最終的に何が言いたかったのか分からなくなりました)


要は耳の聞こえなさや耳鳴りによるストレスと、補聴器(精密機械)のお金がかかってるという圧力と管理で、周りまでに注意を向け辛いという事です。
だから、注意力が足りないのは甘えとか周りに関心が無いとか言われると、余計イラッとくるんですよね。
それだったら手張貰えというのですが、内容が優遇気味かつ自分が貰うべきのものじゃないという考えが(ry




最後に、常識力に関してはGoogle先生を使って学習し直します。
世間を分かってるふりしてたのは明らかに自分のせいなので、そこはできるだけ改善します。



2012-10-30 追記
原因究明の為にようやく近日検査することになりました。
来月上旬に三回に渡って検査します。
これで多少なりとも自分の謎が解けるので、何もしないよりかはモヤモヤが解消するかなと